動画制作や非難中傷を消すなら業者へ依頼を【ネット100番】

継続が大事

誹謗中傷対策の導入へ

インターネットの普及は明らかに生活を便利にしました。今や、仕事でもプライベートでもインターネットのない社会は想像できません。もし、インターネットが使えなくなったら、と考えると、どうなるのか考えるだけでも恐ろしくなるほど、身近な存在になりました。しかし、その反面、SNSの普及に伴い、インターネットの世界が大きな被害を生み出す結果も生じています。ネットの匿名性という特徴から、無責任な書き込みや中には根拠のない風評や流言流布、さらには悪意を持った誹謗中傷などがネット上にあふれるようになりました。個人や企業がこれらに対応するには限界があります。そこで、誹謗中傷対策を専門に引き受けてくれる企業が誕生しています。費用は、初期費用と月額費用に分けられていますが、大体月額5万円から10万円程度というのが相場のようです。

ある程度の期間継続することが必要

一度書き込まれた内容は、よほど犯罪性の強いものでない限り、簡単には削除できません。表現の自由に抵触する可能性を恐れ、管理する側が簡単に削除要請に応じない場合があります。また、残念ながら、ネット利用者の中にはリテラシーの欠如による無秩序な拡散に手を貸す人も少なくありません。前述したように、ネットには匿名性があることから、普段顔と顔を合わせた関係では行わないようなこと、言えないようなことを行ったり発言したりする人がいるのです。誹謗中傷対策を専門に提供する業者に依頼することで、緊急を要する場合、スポットで対応する場合、予防する場合など、さまざまな誹謗中傷対策を講じることを委託できます。技術的な経験や知識を駆使し、半年から一年という期間をかけてネット上に拡散した情報を誹謗中傷対策業務を遂行してくれます。