動画制作や非難中傷を消すなら業者へ依頼を【ネット100番】

気軽に相談出来る

専門的に解決してくれるところに相談依頼が

事実無根の情報が通信電波を介して、世界中に広まってしまうことは怖いことです。そのせいで、生活破綻や経営不振という最悪の事態を招くことも有り得ます。個人的にも企業や団体に於いてもそのようなことに対処を行っていく場合、大変な労力がかかります。誹謗中傷対策を扱っているのは、警察か弁護士というイメージですが通信技術や機器に特化した専門の会社もあります。誹謗中傷対策で、専門会社に依頼する料金は1キーワードに付き千円からという場合と、案件ごと、また全ての依頼内容がセットになり30万円前後としているところもあります。大手企業などは誹謗中傷対策を一早く取り入れていますが、今後個人でも利用者が対策を行う可能性も有り使用率が増えれば更に価格も見直され、ウィルス対策のようなソフトの登場に期待が寄せられます。

誹謗中傷対策ができなかったために被害増大

通信機器とインターネットが普及した良い点は、検索によりある程度の情報なら簡単に入手できるようになったこと、コミュニケーションの幅が広がったなどがあります。反面、一般的には知りえなかった情報や個人のプライベートに関することまで閲覧できてしまうことがあります。様々な情報において昭和時代にはスクープという形でマスコミやメディアが主に着手してきたことです。現在では所謂ゴシップ記事なども報道人が発信するより、いち早くネット上に炙り出されることがあります。事実として伝えるというより、感情のみのものあり言論の自由と言ってしまえばそれにあたるかもしれません。しかし、個人においてプライバシーの侵害、企業にとってはイメージダウンとなり経営にも響いてくるため誹謗中傷対策を行う必要が加速しているのです。